2017年01月17日

公式サイトをリニューアルしました

このブログ上でも予告していましたが、
このたびau one netのHP公開サービス終了に伴い
二条千河の公式サイトを移転&全面リニューアルいたしました!

タイトルも変更し、装いも新たに再出発であります。
ブックマークなどしていただいていた皆様には、
こちらにURLの変更をお願いいたします。
「二条河原SQUARE」
http://nijogawara.squares.net/

つまきしては、旧サイトとセットで始めたこのブログも、
ここで役割を終えることになります。
振り返り用としてデータはそのまま残しますが、
更新自体はこの記事を最終回にしたいと思います。


more...
posted by NIJO at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

「虚の筏18号」に掲載されました

おそらく今年最後の掲載情報になるかと思います。

洪水企画発行の
電子詩誌「虚の筏18号」
拙作「風見鶏」が掲載されました!

毎年末、年賀状の構想のために
十二支の動物について調べるのが恒例になっていまして、
今回も「酉=鶏」をWikiその他でいろいろ検索した結果、
……こう、年始のご挨拶には似つかわしくないものが
出来上がってしまった
わけです。
というわけで、申年のうちに発表しました^^;

鶏にまつわる思い出といえば、

more...
ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

「詩素」創刊号に掲載されました

学生時代の4年間、JR通学をしていたときのこと。
目的の駅の一つ手前に苗穂(なえぼ)という駅があり、
満員電車のガラス窓に貼りついて外を見ていると、
いつも目にする看板がありました。

「ふらんすへ行きたしと思えども
 ふらんすはあまりに遠し
 せめて新しき背広を着て
 きままなる旅に出てみん

 夢紀行 ロマンを求めて 苗穂から」(原文ママ)


あの有名な萩原朔太郎の詩ですから
知っていて当然ということなのか、
看板には作者名も何の説明も書かれていませんでした。
無知な学生だったNIJOは、鉄道会社の人が考えたにしては
随分と完成度が高い文句だなあと思ったものです。

なぜそんなことを思い出したのかというと、
このたび創刊された詩誌「詩素」第1号の表紙が
こんなビジュアルだったから。
http://kozui.sblo.jp/article/177782909.html

more...
posted by NIJO at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

引っ越し準備

引っ越しを余儀なくされました。
といってもリアルの話ではなくて、
二条千河の公式サイト「二条河原の落書」のお話。

もともとDION(現au one net)のHP代行サービスで作った同サイト、
まもなく12年目を迎えるところでしたが、
au one netがサービス撤退を表明しまして
1年以内にURLが使えなくなってしまうようです。

ブログサービスlovelogが廃止されたあたりから
何となく予感はしていましたが、まあ、
個人でHPやブログを運営して遊ぶ時代は終わったということでしょう。
WEBの利用がPCよりもスマホが主流となれば、
SNSサービスの方が選ばれていくのは当然です。
そしてまた、何年かすれば別のサービスに取って代わられる。
世の常ですね。

とはいえ。

more...
ラベル:HP
posted by NIJO at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

近作紹介「不毛の神」

10月、ちょっとドライブ🚗🎵のつもりで
猛吹雪に見舞われた
……なんてことがあったせいか
今年はずいぶんと冬が早いような気がしています。

もちろん、まだ降ったり解けたりという時期ですけれども、
根雪になるのなんて、あっという間。
完全に雪に覆われた北海道の大地は、
観光客として見れば美しい景観ですが、
開拓者の目から見れば恐るべき難敵
だったことでしょう。
たとえ、春になれば沃野に変わるのだとしても。

さて、「詩的生活」掲載詩も衣替えしました。
今回は、今年6月に「虚の筏16号」にて発表した
「不毛の神」
こちらからご覧ください!

more...
ラベル:HP 連載詩更新
posted by NIJO at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

「虚の筏17号」印刷版!

ちょっと日が経ってしまいましたが、
少し前に報告しました「虚の筏17号」
印刷版が届きました。
P1010082.JPG

拙作「宝典」は、
表面の上から2番目に掲載されています。

宝典、すなわち非常に貴重な書物というのが
何を指しているのか、
お読みいただけると察せられるかと思うのですが。
NIJOにしてはちょっと冒険というか、
今まで貫いてきた政治的中立主義を
疑われやしないかと少しハラハラしながらの発表でした。

more...
ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

電子詩誌「虚の筏17号」に掲載されました

洪水企画発行の電子詩誌「虚の筏」
前号に引き続き、今月発行された17号にも
拙作が掲載されました!

拙作「宝典」は右側の上から2番目です。
http://www.kozui.net/soranoikada17.pdf

最初に書いたのは一年くらい前で、
今回の寄稿に当たり、何点か手直しをしました。
誤解を招くと怖いなぁと思いつつ、
NIJOなりに、今この時代に書くべきテーマを
扱ったつもりです。

もちろん、拙作以外も面白い作品が揃っています。
個人的な感想は、印刷版が届いたときに改めて。
まずは無料の電子版、お時間があるときにでもご一読ください。
ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

初めてのエッセイ「演じる身体、歌うカラダ」

また更新が滞りがちになってきましたが、
決してネタ切れではありません
本当は初旬にご報告したかったのですが、
如何せん時間と体力が不足しまして。

と、言い訳はさておき。
「詩と音楽のための洪水」第18号に、
P1000002.JPG
エッセイ「演じる身体、歌うカラダ」を寄稿いたしました

掲載誌を読みながら気づきましたが、
よくよく考えたら、
何と、これが人生で初めてのエッセイ執筆だったのでした。

more...
ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

「虚の筏16号」印刷版!

1466589029562.jpg

恒例の「印刷版」のご案内です。
電子版の方は、前々回の記事でお知らせしました通り
こちらからご覧いただけます。

日本人が古来、
八百万の神を信仰してきたことは周知の事実で、
人間にとって有難い存在ばかりではなく
ちょっと迷惑なお方も含め
とにかくいろいろな神々がおられるという前提でいうと、

続きを読む
ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

電子詩誌「虚の筏16号」に掲載されました

洪水企画発行の電子詩誌「虚の筏」16号
拙作「不毛の神」が掲載されました!

ここ数年、なんとなく胸の中に蟠っていながら
形にならずにいたものが、
ようやく言葉になって出てきたような心持ちです。
おそらく札幌に住み続けていたら生まれなかった詩。
住むところによって読後感が全く違うような気がしますので、
都市部や離島に住む方のご感想を伺ってみたいところです。

どうぞ、お時間のある時にでもご覧ください。
こちらのページの右下に掲載されています。

ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

「詩と思想」5月号に詩を寄稿しました

土曜美術社出版販売刊「詩と思想」5月号
拙作「毛蟹×一杯」が掲載されました!

今月号の特集は「二次創作、そしてBL」だそうですけれども、
寄稿の際には特にテーマを与えられなかったので
二次創作でもBLでもありません。
ただの詩作品としてお読みいただければ。


閑話休題。
内地の皆様は、北海道に来ると
でかいタラバガニを食べて満足する方が多いようですが、
道民にとってカニといえば、真っ先に毛蟹です。
というか、タラバって本当はカニじゃないし。
more...
ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

「虚の筏15号」印刷版も

1458043198779.jpg
届きました!

表面の一番下が拙作「ダミー」です。
ダミー人形を擬人化するなんてちょっと安直すぎる?
いや、本当は人間を擬ダミー人形化しているつもりなのでした……。

ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

電子詩誌「虚の筏15号」に掲載されました

毎度お世話になっております洪水企画さん発行の
電子詩誌「虚の筏15号」に拙作「ダミー」が掲載されました

今回は割とすんなりわかりやすい詩だと思います、と書くと
普段どれだけわかりづらいものを書いているのかという話になりますが
もともと表現については特に奇をてらっているつもりもなくて、
ただおそらく視点とか観点の問題でなんとなく共感しづらそうな作品が
やや多めなのは自覚のあるところであります。

しかし今回の掲載作は、
思春期のかたとか、日々に倦んでいるかたとかには
ちょっとスカッとしていただけるかもしれません。
いや、保証はしませんけど。

まあ、まずはお時間のある時にでもお目通しを。
こちらのページの右下に掲載されています。

ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

始まりは申年

このブログを開設したのは2004年12月31日。
申年の暮れでした。
つまり明後日から始まる2016年で
開設12年目ということになります。

ブログ全盛期は過ぎ去り、
しかもなかなか更新する時間が取れず、
もういい加減に卒業しようかと思ったことも
何度かありましたが、

密かに読み続けてくださる隠れ読者の皆様のおかげで
(カミングアウトしていいんですよ^^;)
何とかここまで続けてこられました。

せっかく節目を迎えたことですし、
もう少し続けてみたいと思います。
申年も密かに応援をよろしくお願いいたします✨
(表立っての応援も歓迎です、もちろん)

posted by NIJO at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

「虚の筏14号」印刷版が届きました!

1450354632490.jpg

2つ前の記事でご報告しました
電子詩誌「虚の筏14号」印刷版が届きました!

例によって、数に限りはありますが
ご希望の方にはお送りしますので
「詩は紙で読みたい!」という方は
こちらからお気軽にご連絡ください🎵

posted by NIJO at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

近作紹介「一線」

もうすっかり年の瀬だというのに
白老は全然雪がなくてススキばかりが目立ち、
冬なのか晩秋なのか、よくわかりません。。。

アスファルトが見えているかどうかで、
北国の生活はがらりと変わります。
履物も、乗り物も、子供たちの遊びも。
雪だるまや雪滑りの季節にはまだ時間がかかりそうなので、
今回は路上遊びのお話。

「詩的生活」近作紹介コーナーを更新しました!
今回の掲載作「一線」
こちらからご覧ください🎶


今年5月に発行された「詩と思想」にて発表。
「壁を超えて」というテーマに則って書き下ろしたものです。

more...
ラベル:連載詩更新
posted by NIJO at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

電子詩誌「虚の筏14号」に掲載されました

風邪やらインフルエンザやら流行りだす季節、
患者の皆様、お薬はちゃんと飲みましょうね🏥

ということで、毎度お世話になっております
洪水企画発行の電子詩誌「虚の筏14号」
拙作「プラセボ」が掲載されました!

男が出産できる技術とか
暴力を無力化する武器とか
NIJOの詩の世界といえば
いつも夢あふれる(?)発明が満載ですが
このたび、ついに万能薬まで作ってしまいました✨

more...
ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

リニューアルオープン!

NIJOです。生きていますあせあせ(飛び散る汗)
危なく食われる前の牛の写真だけで
7月を終えてしまうところでした。。。

昨年秋に詩の連載を休止して以来、
公式サイト「二条河原の落書」が半死状態でした。
(一応、細々と更新はしていたのですが)

ブログネタにも困るので、
待望かどうかはともかくも、
そろそろwebでの詩の発表を再開しようと思います。

ただ、季節ごとにテーマで載せるスタイルは
さすがに少々ネタが尽きてきましたので
シンプルに、詩誌等に発表した近作を
適度な間隔でご紹介していきたいと思います。

今回の掲載作「羊飼い」は、以前の記事でもご紹介しました未年の年頭詩。
次項有こちらからご覧くださいexclamation

牛肉の有名な町に住んではいますが、
羊だって好きですよ、道民ですからレストラン
ラベル:連載詩更新
posted by NIJO at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

Thanks 21,000hits!

なんだかとっても久々のご報告で。

二条千河の公式サイト「二条河原の落書」
21000アクセスを達成しました!!


SNSが普及したせいか、PC向けのwebサイトもブログも
ひところに比べると随分下火になった感がありますが、
ちょっと目を離している間にも
訪ねてくださるかたがいらして、
何というかもう、ありがとうございますぴかぴか(新しい)

……実はもう一つ、
おめでたい話を忘れていまして。

more...
posted by NIJO at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

「虚の筏12号」印刷版が届きました

1433834905499.jpg
前回告知しました電子詩誌「虚の筏12号」
印刷版が届きました!

今回の掲載作品は、全体的に
切実なテーマを扱いながら
どこか乾いたイメージの詩が多い気がします。
発行者・池田康氏の「étude 四肆舞13」に
特にその印象を強く感じました。

なお拙作「踊るアホウ」は裏面の上から2段目。
写真だと読みづらいかと思いますので、
電子版のほうでお楽しみください八分音符
http://www.kozui.net/soranoikada12.pdf
ラベル:掲載情報
posted by NIJO at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。